CIID Winter School Tokyo 2020

Mitoosi(ミトオシ)ディレクターの白根は、コペンハーゲンのデザイン教育機関CIIDが東京で開催した「CIID Winter School Tokyo 2020」に参加しました。

CIID Winter School Tokyo 2020の告知バナー画像

About CIID

CIID(Copenhagen Institute of Interaction Design)は2006年にコペンハーゲンで創立されたデザイン教育機関です。人とモノだけでなく、技術・コミュニティ・社会・環境などあらゆるものごとが相互に作用する(関わり合う)デザインを考える『北欧型インタラクションデザイン』を提唱し、クリエイティブな発想からソーシャルインパクトを創造しビジネスにつなげていくことを目指しています。トップ企業から優秀な人材が受講するサマースクールを毎年コペンハーゲンで開催したり、ビジネスの中心で活躍するクリエイティブ人材を多く排出するなど世界からの注目度も高い教育機関です。

CIID Winter School Tokyo 2020のワークショップ風景

About CIID Winter School

この「CIID Winter School」の参加者は8つあるコースからひとつを選び、コース毎に異なるビジネスデザインのアプローチを体験・習得します。また、すべての授業はジェンダー平等・気候変動・持続可能な生産消費といったSDGsで掲げられているテーマに沿って構成されており、世界のトップ企業から優秀な人材が派遣される「CIID Summer School」と同じ内容を体験することができます。

CIID Winter School Tokyo 2020のワークショップ風景
Produce CIID / Dentsu Business Design Square
Year 2020